模擬試験で求められること

知っておきたい看護専門学校

模擬試験で求められること

模擬試験で求められること  看護専門学校のでの模擬試験は看護の参考書などを出版している会社のものが使われたりします。
 会社によって模擬試験の内容や言い回しが違ったりしますが、どの会社も内容は過去の国家試験の内容を参考にして作られています。難易度は出版社によって変わります。
 看護専門学校で求められることは看護師国家試験に合格できる点数を会得できているかです。必修問題 40点以上/50 一般問題・状況設定問題 140〜170点以上/247〜249点取ることができると合格となります。一般問題・状況問題は毎年問題数が変わったりするため、その年の受験者などの合格率から合格点数が決められるため、何点以上取ることができれば合格という明確な規定はありませんが、170点以上取ることができれば合格しやすいです。
 必修問題は毎年問題数は変わりません。一般問題や状況問題で合格点を取れていたとしても、必修問題が40点以上なければ試験に絶対に合格はできません。どんな模擬試験を受けようとも必ず必修問題は40点以上取れるようなっていれば看護師国家試験の合格が見えてきます。

看護専門学校が求める人材

看護専門学校が求める人材 近年では医療機関で働く人材が不足傾向にあり、早急な人材の確保が急がれています。そのため、全国各地に看護専門学校が設立され、募集がなされるようになりました。しかし、人材がいくら人材が必要とはいえ、誰でも良いというわけではありません。なんとなく看護師になれば収入が良いとか、働く時間を自由に決めやすいからなどの理由であるならば、そもそも看護学校での課程に付いていくことが出来ないでしょう。そのため、看護専門学校が求める人材とはどのようなものか確認しておくことが大切です。
まずは、看護師になりたい理由が明確にあることです。小さいときにお世話になったことが忘れられないとか、将来は患者さんの役に立ちたいなど、それが明確であるほど望ましいです。
次に、協調性を持っていることです。看護師は単独で仕事をするのではなく、医師や薬剤師、他の看護師などで組まれるチームで仕事をすることになります。命を預かる現場なので、とにかく連携が必要であり、そのための協調性は最低限持っておかなければなりません。
相手のことを考え、思いやりを持っていることも大切です。怪我や病気である患者さんはそれだけでも不安であるのに、慣れない入院生活をするとなれば、もっと不安に感じます。そこで、患者さんに最も関わることになる看護師は、患者さんの立場に立って常に思いやり、不安を取り除いてあげることが重要となります。